2006年07月04日

麻雀卓

麻雀卓は麻雀を行うための卓で、通常60〜70センチ四方の正方形の卓である。
家庭や旅館などの座敷用に座卓と、椅子に腰をかけながら麻雀を行う用の立卓の
二種類が主な形状である。

麻雀卓は、多くは緑色のフェルト張りであり、洗牌(しーぱい、牌をかき混ぜる作業)
に向いている。
現代では、洗牌と山積みを電動で行う全自動麻雀卓が多い。

麻雀自体は四人がゲーム進行に差し支えない大きさの台であれば行うことが
できるため、 麻雀卓と呼ぶ上で決まった定義はないが

麻雀牌が卓よりこぼれないように卓の周りに枠を設けてある。
麻雀牌の音を吸収するため、また麻雀牌が痛まないようにマットをひいてある。

点棒を収納する引き出しを備えている。
上記のようなものを通常では麻雀卓と呼ぶ。


また、こたつやちょうど良い大きさのちゃぶ台が置いてある家庭等では、
わざわざ麻雀専用にしか使い道がない麻雀卓を購入するのではなく、
麻雀用のマットを購入し、それらの上で麻雀を行うこともある。

最近の雀荘はすべての卓を全自動麻雀卓で営業している状態が通常であり、
近年の定義で麻雀卓といえば全自動麻雀卓を指す事が多い。




OMG logo.gif

posted by 麻雀競技 at 19:55| 麻雀の道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

焼き鳥マーク



まだ和了していないことを示す目印となる物。

一度も和了しないまま半荘を終えることを俗に焼き鳥と呼び、
ペナルティを受けるローカルルールがある。





OMG logo.gif
posted by 麻雀競技 at 19:52| 麻雀の道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイコロ



最初のを決めるとき及び配牌時に取り始める山を決めるために、
サイコロを使用する。

通常は6面ダイス2個を使用するが、12面サイコロを用いる場合もある。

その場合は一つのサイコロは1から12が、もう一つのサイコロには東西南北がかかれている。





OMG logo.gif
posted by 麻雀競技 at 19:50| 麻雀の道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起家マーク



起家マーク(チーチャマーク)は最初の親が誰かを示す目印となる物。

表面に""、裏面には""と書かれている。

これは場風の明示を兼ねるため。





OMG logo.gif


posted by 麻雀競技 at 19:49| 麻雀の道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

点棒



点棒(チョーマ(籌馬)とも呼ばれる)とは各プレイヤーの得点を表すために用いる細い棒である。


基本的には以下の4つに分類される。

万点棒 - 1本につき10000点。
五千点棒 - 1本につき5000点。
千点棒 - 1本につき1000点。立直の際はこれを場に供託する。
百点棒 - 1本につき100点。連荘の際など、積み符としても用いられる。


なお、やりとりをスムーズにするために、この4種類の他に500点の点棒
用いられることがある。

1万点棒が4本、
5千点棒が8本、
千点棒が36本、
百点棒が40本

 の計120,000点分が必要である。

扱い易いよう、5百点棒を用意する場合もある。

開始時の持ち点はルールにより異なる
(25,000点、ないしは27,000点が多い)。





OMG logo.gif

posted by 麻雀競技 at 19:48| 麻雀の道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



日本においては、
花牌を除く136枚の牌(はい・ぱい)を使用する(清麻雀)のが一般的である。


牌の種類には、

萬子(マンズ・ワンツ)
筒子(ピンズ)
索子(ソーズ)
字牌(ツーパイ)
 がある。


萬子・筒子・索子は、それぞれ一から九までの区別がある。


字牌はさらに三元牌と四風牌に分かれ、
三元牌は白發中の3種、
四風牌は東西南北の4種である。


これら34種がそれぞれ4枚ずつ、計136枚である。





OMG logo.gif


posted by 麻雀競技 at 19:45| 麻雀の道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。